2017年2月の妊活/自分でやった体質改善の振り返り

andreas160578 / Pixabay


スポンサーリンク
広告大

2017年2月に行った体質改善

手術後にやめていたウォークマットの再開

昨年の秋に子宮筋腫の手術をしてから、官足法を一時中断していました。
足つぼの刺激が傷口に響く感じがしたので、しばらくやめておこうと思っていたのですが、そのままずるずると、やらなくなっていました。

不妊治療をお休みしている間、気持ち的にも解放された感じがして「妊活にいいから!」と思ってやっていたことをほぼ全部やめていたんですよね。
しかし、治療を再開し結果が悪くて「どよーん」。
心を入れ替えました。

手術後初の採卵では、ホルモン値はよい伸びを示していたものの、採卵数0という無残な結果でした。

久々にウォークマットに乗ってみると、痛いです…。でも15分は踏み続けられました。

連続して採卵がうまくいっていたことを思い出しつつ、再び地道な身体づくりをやっていこうと思っています。

あの頃は効いてるかどうかわからないながらも、無我夢中で体質改善をしていたのですが、案外効いていたのかもしれません。

それとも半年年をとったのが効いているのか…。これは、できることをやっていくしかないですね。

朝食抜きを再開

朝食抜きが、採卵数を上げるために関係していたかどうかはわからないのですが、「ゲン担ぎ」も兼ねて再開しました。
朝食抜きは、最初は腸の活性化のためにはじめたのですが、現在はミトコンドリアの活性化を目的に行っています。

ミトコンドリアは飢餓を感じると増えるそうなので、増えてくれてるかなぁ。

また、私は消化器官が弱いので、胃や腸が休める時間を長めにとることで食欲が増し、「食べる」ことに対して欲求が高まるのでいい感じです。
とはいっても、BMI18.0を切らないように全体のカロリー量は減らさないように気をつけています。できれば18.5までもっていきたいところです。

食事は、昼食を11時頃に早めて、4時に間食を入れ、8時に夕食を食べています。

朝食を抜いているといいながらも3食食べていますので、ダイエットではないです。

新しい漢方が身体に合わなかったので中止

手術後に月経周期が短くなってしまったので新しい漢方薬が追加になりました。
温経湯にプラスして、身体を温める生姜配合の漢方をはじめたですが、これがどうも合いませんでした。

漢方、効く!と絶大な信頼を寄せていたのでうが、どうやら私は効きやすい質らしく、悪い方にも強く利き目が出てしまいました。

これもツムラです。うん、ツムラでも効くときは効くんです。

それを飲んでいる時に、特に不調を感じるということはなかったのですが、基礎体温がぐらぐらになってしまいました。高温期がジグザグで安定しなくなりました。

ひょっとしたら生理の調子が悪いのもこれが影響しているのかもしれませんね。(今、気付いた…)

体調の変化

生理周期の乱れと変化

術後最初の生理は経血量も多く、ふかふかベットだ!と安心していたのですが、その後から次第に周期が短くなり、経血量も減って焦ってます。
「これから移植!」という段階になって…と不妊治療の厳しさと辛さを再確認中。

どの段階に進んでも悩みがつきません。
大事な凍結胚を少しでもよい状況で戻すために、今週期はお休みにして一度内膜の状態を見て貰うことにしました。

手術によって癒着する場合もあるそうなので心配です。

内膜を厚くするホルモンがきちんと自分で出せているにもかかわらず、内膜が厚くならない場合は打つ手がないそうで、かなり緊張しています。

体重が増えました。

正月以降、減ることなくBMI18以上をキープしています。
これはお昼ご飯にタンパク質を多めに取るように切り替えたからだですね。
腸を強くするには、タンパク質が不可欠ということで、今までは残り物で簡単に済ませていたのですが、最近は赤味の肉をこっそり食べたり、魚の缶詰を活用したりしています。

夜の残り物のポトフにツナやサケの缶詰を入れて温め治すだけの簡単調理ですが、確実にタンパク質+フィッシュオイルを補給できています。

あとは、ご飯を避けるのをやめました。

糖質制限は緩くやっています。

市販のお菓子を自分で買わないというルールにしています。夫が善意で買ってきたものは食べてます。

甘いものを食べたいときは、100%ココアを豆乳で作って、メープルシロップをちょっぴり垂らして飲んだりしています。

続けていること

筋トレとストレッチはかろうじて続いています。
これは、自分のためというよりも、夫にプレッシャーをかけるためですね。
痩せのわたしが目の前でコツコツと筋トレを続けていると、中年太りぎみの夫も焦るようで真似してやっています。
とはいってもほぼスクワットだけなのですが、大きい筋肉を鍛えると筋肉量を上げるのに効率がよいようでなんとなく身体がしっかりとしてきたようです。

駅の階段を最後まで駆け上がれるようになりました。(小さな幸せ)

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする